AKB48ナビ - メンバー総選挙や握手会情報など

 

あなたは、いま大人気のポップグループAKB48を知っていますか?今や男性だけでなく女性からも注目を集めているユニットなので、知らない人はほとんどいないと言っていいくらい有名ですね。2010年11月18日には「世界一人数の多いポップグループ」としてギネスに認定されたほど、世界的に知名度も高くなりつつあります。

 

今では新曲を出すたびにヒットを飛ばし、誰もが一度はメロディーを聞いたことがあると思いますが、あまり知られていないのが誕生の秘密ですよね。どうして「AKB48」という名前が付けられたのか、そして姉妹グループについても知らない方が多いと思います。そこで、こちらではそんな彼女達の歴史から姉妹グループ、現在の人気上昇中の理由など情報をご紹介しています。

 

そもそも「AKB48」は東京の秋葉原という所を拠点として活動しているアーティストであり、その地名である秋葉原の通称“アキバ(AKIBA)”の文字から取って名付けられました。結成した当初は名前に馴染んでもらうために“アキハバラ48”と呼ばれていた事もあったそうですが、現在ではすっかり“エーケービー48”でお馴染になりましたね。

 

さて、アキバ発祥である事やプロデューサーが秋元康氏である事も、ほとんどの方が知っている事だと思いますが、何と言っても話題を集めるきっかけとなったのが13thシングル選抜総選挙でしたね。2009年8月にリリースされる新曲に、総選挙で選ばれた上位21位までのメンバーのみ新曲プロモーションに参加できるというものでした。

 

この第一回総選挙で見事1位に選ばれたのが、中心スターである前田敦子ちゃんですね。前田敦子ちゃんは第1位に選ばれた事で一気に注目を集め、最も有名なメンバーになりました。しかし、2008年8月にも2回目の17th新曲プロモーションをかけた総選挙が行われ、その時には前田敦子ちゃんではなく、第一回で2位だった大島優子ちゃんが1位に返り咲きました。でもまだまだ前田敦子ちゃんの注目度は衰えるところを知りません。

 

そしてまたもや2011年も、22thの新曲を目前に総選挙が行われることが発表されましたね。さて、新曲では今やセンターが定着した前田敦子ちゃんがリベンジして1位になるのか、はたまた第2回目の新曲で1位だった大島優子ちゃんが継続して1位になるのか、22thの新曲の選抜メンバーがどうなるか動向が気になるところですね。

 

AKB48が結成した当初は、「会いにいけるアイドル」をテーマに専用劇場での公演や握手会を積極的に行なってきた彼女達。しかし、今や総選挙の票数や新曲の売り上げ枚数、握手会でのチケットの入手倍率を見る限り注目度は計り知れません。今やもう、気軽に「会いにいけないアイドル」になってしまったみたいですね。

 

ですが、当初のテーマはそのままに、今でもアキバのAKB48劇場では公演を行っているし、メンバー別の握手会も頻繁に行っています。ぜひあなたも公演チケットや握手会のチケットを入手して会いに行ってみてはいかがでしょうか。親しみやすく妹のような前田敦子ちゃん達メンバーに会えますよ。ですがその前に、知識としてこちらのページを見てみて下さいね。

 

AKB48とは?


あなたにとって、AKB48とはどういう存在ですか?

 

ホームグラウンドを秋葉原として活動を始めたこのユニットは、秋葉原が通称アキバ(akiba)と呼ばれている事から、その頭文字を取ってAKBと名前が付きました。

今では「エーケービー」と呼んで分からない人はほとんどいないくらい、とてもメジャーな存在になりましたね。

 

しかし、デビュー当時は「アキハバラ48」と呼ばれた事も少なくないんだとか…。

 

名前の「48」については、メンバーが48人である事と思っている人が多いですよね。

 

ですが、実はoffice48の社長である芝さんの名前から取って48と付けられたそうですよ。

 

48人という構成を考えたのは、総合プロデューサーである秋元康による考えだそうですね。

 

さて、そもそもこのユニットは「会いに行けるアイドル」という事をテーマとしていました。

 

そこで、ホームグラウンドである秋葉原にAKB48専用の劇場を構えて、毎日新曲等の持ち歌を披露するため公演をする事から始めました。

 

これは、今でもそうだと言われています。

 

何故、秋元康というメジャーなプロデューサーがこういう事をしたのでしょうか。

 

今までのアイドルはメディアを通さなければならない、手が届かない存在のイメージでした。

 

がしかし、それに対してAKB48はファンにとって身近な存在とし、彼女達が成長していく姿を一緒に見届けていって欲しいというテーマから発足したプロジェクトなんですね。

 

それから、専用劇場で披露される曲は全てオリジナル曲であるというこだわりで、2010年の春時点で300曲を超える程の膨大な曲があるそうです。

 

その作詞全てをプロデューサーである秋元康が手掛けている訳ですね。

 

魅力とは?


あなたは、AKB48の魅力って何だと思いますか?

 

「会いに行けるアイドル」として、世の中に誕生したのが始まりですね。

特別可愛いという訳ではないですが、そのコンセプト通り前田敦子や大島優子らは身近にいそうな感じで、少し可愛いかなといった親近感を感じられる存在というのが受けているのかもしれませんね。

 

こういったユニットは以前にもいましたが、特にここ最近の前田敦子ら率いる彼女達の勢いは留まるところを知りませんね。

 

多分、中から自分が好きな女の子を選んで、その娘がどういう成長を遂げていくのか、応援が即反映されるような喜びがある所が良いのではないでしょうか。

 

通常アイドルになるには、歌やダンスのレッスンをそれなりに受けます。

 

ある程度完成系という形になってからデビューという形式を取りますが、AKB48の場合にはそういう期間が無く、本当に素人上がりや素人同然の状態からデビューした感じです。

 

初めは、素人同然の子達が会う度に可愛くて、明らかにプロとして成長していく姿を見る事、それなのに親近感はそのままで会いに行けるコンセプトを守ろうとする姿も、ファンの心をくすぐっているのかもしれませんね。

 

ファンの心理から察すれば、前田敦子や小嶋陽菜らに対しては恋人にしたい感覚よりも、妹や娘を見守るような感覚なのではないかと思いますね。

 

そういう魅力があるからこそ今の人気があって、前田敦子らメンバーも多く新鮮さもたくさんあることから、握手会等を通じて応援しようという気になるんだと思います。

 

そういった感じが不思議だし納得する感じもあるのではないでしょうか。

 

今、人気がある娘って?


男の娘社長魔昼による男の為の恋愛テクニック講座|魔昼の美学
恋愛テクニックを極めて彼女を作りたい男性集まれ!男の娘魔昼が男性視点、女性視点から恋愛テクニックをアドバイスします。男の娘による男の子の為の婚活講座もやってるよ!
www.ero-bigaku.com/mahiru/