AKB48ナビ - メンバー総選挙や握手会情報などTOP > 今後の動向について > 秋元康氏が生んだユニット

秋元康氏が生んだユニット

 

あなたは、秋元康氏が生んだAKB48をどのように思いますか?

 

2005年、アニメや漫画・おたく・フィギュアと日本独自の文化を発信している秋葉原という街で、作詞家である秋元康氏の完全プロデュースのもと誕生したのがAKB48です。

2005年12月に、AKB48専用の劇場をオープンさせて、それを皮切りにメンバーにする為のオーディションを行い、全国からメンバーを集めました。

 

その時には、チームAとして13名、チームKとして15名、チームBとして15名、その他に研究生として28名の人を合格させ、AKB48として構成されました。

 

また、AKB48の進出は留まる所を知らず、姉妹グループとして2008年秋に名古屋栄からSKE48が出て、大阪難波からはNMB48が出て、博多や札幌に進出する事を検討しています。

 

さて、先程話したAKB48専用劇場では、チームごとに日替わりで公演が行われています。

 

そのチケットも、1公演辺り250枚程にしかなりませんが、すぐに売り切れてしまって今ではなかなかチケットも取れない状況にあります。

 

ですが、見たいけれど見られない人の為にネット配信なんかも行われていて、いつでもAKB48を楽しめる配慮もされているそうですよ。

 

初めの内は、あまりメジャーになっていないために秋葉原限定という感じでした。

 

しかし、今ではモデルやCM、バラエティ、ラジオ、舞台等、幅広い活躍が行われていますね。

 

目にする機会が多くなったという事ですね。

 

アイドルは、メディアを通してじゃなきゃ会えなかったジレンマを、気軽に会いに行けるようにして、身近に感じてもらおうというコンセプトの基に作られたのがAKB48になります。

 

今後の動向について記事一覧

今後の可能性と寿命は?

あなたは、AKB48の今後の可能性と寿命についてどのように予想していますか?今後、AKB48はどうなっていくのか気になると思うので、こちらでは可能性と寿命について少し考えて...

会いに行けないアイドル?

あなたは、今や「会いに行けないアイドル」のAKB48だと思いませんか?秋葉原の専用劇場を拠点として、2005年に活動を始めたのがAKB48。コンセプトは「会いに行け...

飽きられる日は来る?

あなたは、AKB48が飽きられる日は来ると思いますか?何に対してもそうですが、人気が出てブランド化した物に対する行く末は、その衰退という事になるでしょう。衰退の原因...

総選挙の明暗について

あなたは、総選挙の明暗をどう感じていますか?17thシングル選抜総選挙が2010年に行われましたよね。17曲目のシングルの選抜メンバーに選ばれるだけでなく、その後1...

秋元康氏が生んだユニット

あなたは、秋元康氏が生んだAKB48をどのように思いますか?2005年、アニメや漫画・おたく・フィギュアと日本独自の文化を発信している秋葉原という街で、作詞家である秋元康氏...